レディー

医学部を目指すなら個別指導がベスト|個々を伸ばす

多様な試験

勉強

大学入試は近年とても多様化してきており、学校毎に独自色の強い入試を行っています。こうした情報は夏頃の入試要項発表と同時に出てくることが多いので、自分の志望校がどのような試験内容でどれが自分に有利か考える必要があります。

難関突破の個別学習

先生

現役学生の合格率はわずか20%から30%とも言われる医学部受験のためには、個別指導が役に立ちます。その塾選びで工夫できるポイントは多くの情報を得られるかどうかです。医学部受験には多くの学生が臨むことになります。そこで試験の動向など多くの情報を得ることが必要となってきます。出題範囲も広いので、ある程度の予測をもって集中する必要があるからです。また受ける大学ごとの特徴をつかむことも大事なポイントです。その上で個別指導により効率の良い勉強をすることが大切です。また小論文や面接などにおける個別指導も重要です。ここでいかに得点を稼ぐことができるかが合否を決めることにもなります。個人によって異なる戦略を立ててくれるところが必要です。

医学部の受験となれば、かなりの難関を突破することになります。そのためにはいかに弱点を克服するかが重要です。満点を目指すくらいの意気込みが必要なので、不得手な分野は残さないからです。そこで個別指導により、その苦手分野での学習方法を指導してもらうことになります。医学部合格へのアプローチは、ある程度予測した出題分野における集中的な学習と、苦手分野をなくす勉強とに分かれます。限られた時間をいかに有効に使うかが大事なポイントとなります。そのためには個別指導で生徒それぞれに適した勉強の進め方を考えてもらうことが大事です。また人気の高い個別指導塾では、生徒ごとにオリジナルの教材を作るという傾向が見られます。

バランスよく学ぶ

英語

世界のグローバル化が進む中で、英語の会話力が求められるようになってきています。そのため、大学入試でも会話に関する問題が取り上げられることも多く、それに見合った塾選びを行うことで、バランスの良い実力を身に付け、十分な効果を挙げることができます。

和の精神を重んじる

学生

兵庫大学では「和」の精神に基づき、誠実で暖かい学生を育てようとしています。5学部7学科あり、教員免許や国家試験受験資格を得られるのも魅力です。入試の形式も多種多様で、入試によっては入学金や授業料が免除になるものもあり、経済面でも優しい大学と言えるでしょう。